So-net無料ブログ作成

ラモスに足を向けて寝ることなんてできない-1- [マラソン]

0009.jpg


運命の日がやってきた。勝田全国マラソン。

本気でサブ4に挑戦する日だ。たとえコンディションが完璧でなくても。

失敗してもいい、本気でぶつかれば必ず次に繋がるものが見えてくるはず。

緊張もしていたが、そんな気分のせいか「やったるぞ!」と僕にしてはえらく気合が入っている。



電車に乗り、窓を眺めると富士山の立派な姿が見えた。

これからの戦いにエールを送ってくれているようで、なんだか頼もしい。

勝田駅に着き、多くの仲間とともに会場を目指す。

ところどころで既に活動し始めているボランティアの方の笑顔も温かい。



会場には開始2時間以上前に着いた。

やや早すぎるような気もしたが、なにせ初めて参加する大会、判らないことだらけ。

今回は真剣勝負するんだ、余裕があるくらいでなくちゃ。

着替えや食事、トイレに準備体操、アップジョグなどしていたら2時間はあっという間に過ぎていった。

さあ、出陣だ。エナジードリンクを飲み干して気合を最注入した。



自分のスタートブロックに立ち、号砲を待つ。しばしの時。

眼を閉じて自己暗示をかける。

「やれ、やるんだ、やり遂げろ」

「できる、できるぞ。夏、あんなに頑張ったじゃないか」

「いいか、苦しくても絶対に止まるな、あれは脳が苦しいって偽信号を出してるだけだからな」

フッ…こんなんで暗示がかかれば苦労しないよな…、心の中で苦笑した。

さあ、スタートだ。



今回のサブ4奪取作戦はいたってシンプル。

30km地点までキロ5分30秒で突き進み、それ以降はキロ6分以内で粘りきるというもの。


あまりアレコレ考えないで済むというのがポイント。とにかくシンプルだ。

今回、フルマラソンの参加者は12000人以上。

スタートしても一向に進まない。スタート地点に足を踏み入れたのは6分以上経ってからだった。

当然混雑するため、最初の1kmは予定のキロ5分30秒で走ることはできない。

その分の借金は後で埋め合わせしなくてはならない。

要するに後から苦しくなるわけだが、始まったばかり。今は考えないことにする。

渋滞は3kmくらい続くかと思ったが、1kmくらいでペースを維持できるようになっていた。

1km通過時の借金は29秒。

うん、いける、十分返せるぞ。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 2

hime

そうなんですよね。30キロ先を6分以内で抑えることが
できたらサブ4は楽なんですけどね。そこがなかなか。
でもサブ4達成の予感w
by hime (2013-01-30 21:01) 

mark3

himeさん

こんばんは。
ホントサブ4なんて言葉をみんな目指す意味が今回わかったような気がします。

>でもサブ4達成の予感w

いえいえ、まだ分かりませんよ(笑)。
by mark3 (2013-01-30 23:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。