So-net無料ブログ作成

フルマラソン完走なんかできない -2- [マラソン]

0003.JPG


囁きは現実となった。

アクアラインマラソンを制限時間内に完走する事は出来た。

完走することは。

タイムは5時間49秒。

ゴールしても感動が無かった、自分でも意外なほどの拍子抜けだった。

それなりに苦しかったが、やった感、すなわち達成感が無かったのがその理由だと5秒後に判った、いや2秒後だったか。

初フルということもあり、確かに完走することが最大の目標だったことは間違いない。

しかしここまでの過程の中で、サブ4という言葉がところどころで僕にちょっかいを出していた。

42.195kを3時間59分59秒間以内で走りきることだ。

このサブ4という言葉を知ってからなぜだか僕の中で“フルマラソンはサブ4を狙わなくてはならない”という至上命令となっていたようだ。

とはいえ、このアクアラインマラソンをサブ4達成のためのレースと位置づけていた訳ではない。

もともとこのアクアラインマラソンは補欠枠で当選した事もあり、完全に準備不足。

到底サブ4で走れないことくらいは判っている。

しかし、より近く、せめて4時間半ぐらいでいけてしまうのではないかと淡い期待もあった。

でも完全に打ち砕かれていた。

理想の半分も達成できないようなレース展開であり、サブ4に憧れていること自体が恥ずかしくなるような内容だった。

要は大した練習もしてないくせにレースを出て、実力どおりの結果にがっかりしただけなのだ。

なので悔しさも感動も無かった。

そういうことだ。

でもこれで終われない、まだ終われんよ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。