So-net無料ブログ作成

ラモスに足を向けて寝ることなんてできない-2- [マラソン]

0010.JPG


4km地点で早速緩やかな下り坂、そして登り坂が見えてきた。

ここはさのマラソンでの教訓が生かされる、下り坂では坂の勢いに身を任せてのスピードアップはしない。

登り坂でも焦らず、多少遅れてもいい位の意気込みでピッチを上げることに専念する。

この後15km地点でも長い坂に見舞われたが、上記の対応でなんとかシノぐ。

人生まさにドラクエ。経験値を積むことでレベルアップできる、モンだなあ。




20km地点ぐらいまでは順調だった。

計画通りのラップを叩き出し、計画通りに補給ジェルを飲む。

心肺も苦しくないし、膝もなんとか大丈夫のようだ。

ただ、心配だったのが、この走りのリズムが途切れたらどうなるか判らないということ。

今まで参加したレースや長距離の練習で一度立ち止まると調子が狂うことが多々あったためだ。

そんな訳で、今回のこの勝負レース、勝田マラソンでは給水・給食に手を出すことは止めた。

ただひたすらゴールまで走る、走り続ける。立ち止まらない。止まったときはサブ4を諦める時だ。

なので給水、給食は全部自前、ボトルポーチに詰め込んで走っていた。

それくらい、今回立ち止まることを恐れていた。恐れていたんだ、それなのに。

25kmから30kmの間だろうか、突然警官か係員がコースに出てきてランナーを止めた。

渋滞が発生してきたから車両を通行させるとのこと。

「エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」

冗談じゃない、冗談じゃないぞ、聞いてないぞ、交通規制なんて。

後で調べるとこの勝田マラソンでは必ずあることのようで(大会要項にも記載されていた)、さほど珍しいことではないようだが、そんなことを知らない僕は動揺した。

規制時間は15秒だか30秒か1分だったか判らない、とにかく焦っていた。

解除後、ロスしたタイムを取り戻すべく猛然とダッシュ。ロスしたタイムも判らないのに。

30kmまではとにかく、キロ5分30秒以内で走らなくてはならない。これは死守せねばならない。

そんな思いだったから、遵守しよう、遵守しようとした結果、それまで気をつけてきた一定のペースをこのダッシュで乱し、負荷を掛けてしまった。



この乱れは徐々にタイムに現れてくる。30kmを前にキロ5分30秒ペースを維持できなくなってきていた。

正確に言えば維持できていたつもりだった。同じペースで走っているつもりだった。

呼吸は苦しくない。

なのにおかしい、ガーミン(GPS腕時計)が表示する時間はだんだんと遅くなっている。

意識して心持ち少し速めに走ってみる。

…変わらない。

脚が動かなくなってきている?…そういうことか、そうなんだ。

31km地点でキロ5分39秒、32km地点でキロ5分46秒、33kmで5分57秒、

そして35km地点では遂に6分13秒。

コツコツ貯めていた貯金があっという間に底をついてしまう。

そう思ってもタイムはどんどん計画から離れていく。

脚も動かない。

そこに追い討ちをかけるように坂が現れる。坂、坂、坂。

3つくらいあっただろうか、はたまた全部、幻覚だったのだろうか。

もう死に物狂いだった。上っては下り、上って下り。

止めたくて、歩きたくて、辛くてたまらなかった。

「サブ4…僕にはまだ時期尚早か…」



いつもならここで歩くはずだった。もういいや、辛いのはイヤだって、と。

しかし、この日は違った。

今まで練習してきた光景が頭の中に浮かんでいた。

夏の光景だ。

この夏はとにかく頑張った。

フルマラソンに向けてスタミナを付けるべくロング走をしたり、平日も朝4時に起きてジョグしたり。

そんな努力の光景が浮かんでいた。

そんな光景を思い出していたら、歩くことなんか出来なかった。

立ち止まることを脚が拒否しているようでもあった。

あと少し、走ろう。



苦しくても何がなんでも死力を尽くし切ることを決めた。

たとえこの場で脚がもげても、絶対走り切ってやる。

脚だけが置かれていて、腕を振る上半身だけが進んでいく、…そんなイメージ。

もう何だか訳が判らない、何で走っているのかも判らない。

とにかく進んでいく。



正直な話、今まで僕はラモス瑠偉を少し馬鹿にしていたきらいがある。

ラモス瑠偉がどんな人物か僕もよくは知らないが、永谷園のお茶漬けを食べていた人ということは知っている。

そのラモスはTVとかですぐ『ハートが足りないだの、魂がどうの』って言いながら、いつも怒っていた。

そんな精神論で物事に勝てる訳なかろうて、と当時は思っていたものだ。

だがどうだ、このフルマラソン。残り4km。

今、僕は理屈では無く、ハートで走っている、魂で走っている、まさにそんな感じだった。



残り、3km。正直タイムはもうよく判らない。

サブ4獲れるのかも判らない。

だけどどうせなら潔く散りたい、ラスト1kmでスパートするよりも魂で走っているこの今、全身全霊をかけるべき。

猛然と身体、そして精神のすべての力を「走る」という行為に変換し、スパートをかけた。

ドロドロでグチョグチョでベチャベチャな走りだったハズだ。

だけどそんなのお構いなしだ。僕は今、魂で走っているんだ。

霞んでよく見えないがゴールの文字が浮かんできた。

僕はようやく魂を使い果たした。



ゴールして10分はその場でうずくまっていた。動けなかった。

魂を使い果たしたんだ、そう簡単には動けまい。

次から次へとランナーたちがゴールする。

みんな頑張っている、魂で走っている。


ようやく動けるようになった。

恐る恐る記録証を受け取りに行く。

もう何も言うことは無いとしたいところだが、まだまだ煩悩ありまくりだ。

わずかな期待を抱きながらその文字を確認する。


『ネットタイム(参考):3時間59分53秒』

0011.jpg

ラモスの言っていた事は本当だった。魂の勝利だった。



余韻に浸りながら、帰りの電車に乗り込む。

窓を眺めると夕日をバックに富士山の立派な姿がまた見えた。

今日の戦いをねぎらってくれているようで、なんだか照れくさかった。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。