So-net無料ブログ作成

はなもも轟沈の原因を探る-2- [マラソン]

0034.JPG



今日も赤井さんに話しかけ…

「ワーハッハッハッハッ、ワーハッハッハッハッ」

ダメだ、まだ笑ってる。自分でやるしかないか…




着替えを終え、またもやカステラ2切れとバナナを食す。ついでにおまじない程度に塩飴を舐め始める。

ストレッチを始める前にトイレにと、…やはり20分前ともなるとどこも長蛇の列だ。

待ちながら、膝のストレッチをする。

勝田の時は他にも足首、足の指、足裏もマッサージをし、アップジョグもしていた。

今回、到着時間が予定より遅れてしまった関係でスタートまで余裕が無かったように思う。

ややバタバタした状態でスタート地点へ。

今回も腰にはYURENIKUI。ドリンクはスーパーH2Oとアミノバリューのハーフ&ハーフ。

今回も極力、給水は自前で行くつもり。

補給食はアミノバイタルパーフェクトエネルギー3個とshotzのカフェイン入りジェル。

アミノバイタルパーフェクトエネルギーは両手に持って走る。e3グリップの応用だ。


今回の走行ペース。アレキさんはキロ5分34秒ペースで行くとのこと。僕もそれに合わせていくことにする。

ただやはり不安がある。圧倒的な走りこみ不足。

30kmまで行けたとして、あの地獄のような辛さを味わう残り12kmをこなせるのだろうか。

今回どうも自信が無い。何かが足りないような気が。

その何かが判らないまま、スタートの号砲が鳴り響いた。


最初の5kmは27分40秒。

予定どおりのペースだが、なんだか順調じゃない。

今のところ懸念している左膝は問題なさそうだ。

だけど、何だろう、このベストじゃない感は?

もやもやしながらペースを保つことに努める。


6kmから10km時のラップは27分36秒。

タイム的には全く問題ない。むしろ順調そのもの。

マシンのように理想的にペースを保っている。

でもやっぱり違う。勝田の時とは違う、何かが。

心なしか少し息も上がっているような。

おいおい、まだ10kmだぞ。冗談じゃない。

不安に拍車が掛かる。


第一回目の大会だが沿道の応援は温かい。

コースもフラット。気温もベスト。

こんな好条件で走らせてもらっている。

ネガティブな考えは捨てて前向きに走ろう。

そう思い始めていた13km地点。

突然のトラブルが舞い込んできた。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。