So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ゲルググはどっちだ [マラソン]

0030.JPG



昨日は7km。今日は13km。

予定しているレースペースよりやや速めのスピードで走った。

とりあえず、悪あがき練習はおしまい。

明日は軽いジョグをして金、土は休養し、本番の古河ももを迎える予定。

左膝は意外にも今のところ、悪化はしていない(ような気がする)。

用心に越したことはないが、少し嬉しい。

あとは当日の天気。

14℃で降水確率40%(ウェザーニューズ)が現時点の天気予報だが、これが吉とでるか凶とでるか。

やるしかないからどんとこいだ。

あとは小手先調整で少しでも数秒でも縮めたい。


前回の勝田マラソンのときも色々小手先調整をした。

今回も同様だ。

実際にはどうだったのか、全てプラシーボだったのか。

確かめるスベはあるかもしれないが、それはとっておこう。

面倒だし、効いていると思うことも役にたつし、ね。


その前回勝田マラソンの時、小手先調整のひとつ、カフェイン抜きというのをやってみた。

効能としては、トイレに行く回数が減ることと、カフェインが身体から抜けた後に再摂取すると気合が入るというものだ。

トイレに関しては、何となく行く回数が減ったような気もするし、そうでもないような気もした。

カフェイン再摂取もよく判らない。

僕の場合、レース直前にレッドブルを飲み干したくらいでレース前に気合を入れた形だった。

しかし、それは正式(?)な気合の入れ方ではないみたい。

最も苦しくなる30km地点あたりでカフェイン投入するのがいいらしい。

そこで今回はshotzのカフェイン入りのジェルを使うことにした。


調べてみるとワイルドビーン、コーラバニラ、グリーンプラムの3種類。

ワイルドビーンは人を選ぶとネットか何かで書かれていたので即却下。

コーラバニラとグリーンプラムの2つを買い、トライアウトすることとした。


初めてこういったアスリート専用ジェルを飲んだのは人生初めてのハーフマラソンでの時。

某ジェル飲料のピーチ味だ。

形状も似ていたからウィダーインゼリーとかの類と同じ食感だと思っていた。

ある程度疲れてきて、さあ、エナジーチャージだと喜んで吸い込んだ瞬間、その小麦粉を練ったような、乾燥気味の鼻汁のようなその独特の食感にむせた。

「ま、不味ーっ。こんな苦しい時に飲めっかよ」

今では多少慣れたが、それ以来、飲むものは一度試すことにした。


トライアウトなんて言ってるけどただ単に飲み比べるだけ。

次期量産型モビルスーツの座を争ったギャンとゲルググのように様々な性能とかを試す訳ではない。

だけど、僕のゲルググはグリーンプラム味に決まった。

両方とも別に美味くはない。案の定小麦粉を練ったような…(以下略)食感だ。

決め手?

ゲルググっぽい色だからかな、グリーンプラム味は。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。