So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アンコニーに何が起こったか [トレーニング]

0078.JPG


こないだの土曜に行われた『えどリバー』。

大成功で無事に終了しましたね。

まずは企画、運営されたうーぱぱさん、san-anさん、大変なご苦労があったと思うのですが、サラッと気づかせずにヤッてのけるその実行力には舌を巻きます。本当にどうもありがとうございました。


かくゆう僕もその企画に参加させていただきました。

かねてから、フルマラソン以上の距離を経験しておきたいと思っていたところでしたので、願ったり叶ったりの企画だったわけです。

ここ最近は30km、休み休みではありますが、走っていましたし、なんとか喰らい付けば完走できるのではないか、と甘い期待をしていたのです。

天気も前日の予報では曇り、気温も29℃くらいとのことだったので、さらに好条件が整ったぞ、と早くも完走の皮算用をする始末でした。

が、しかし、

関東の眠れる獅子、サイターマは甘くはありませんでした。

曇りだった空を快晴に変え、直射日光をガミラスの反射衛星砲の如く、ピンポイントで降り注いだのです。

これには僕も驚き、戸惑いました。

あれ?思い描いてたモノとちょっと違う、と。

それでも、全員が揃い、いよいよえどリバーがスタートしました。

談笑しつつ、キロ7分くらいのペースで走ります。

5km経ったところで最初の休憩ポイント(コンビニ)。

特に体調的に問題はありません。ただ直射日光があまりにもキツイのでマルコさんのご主人に日焼け止めをお借りして塗ることにしました。(マルコさんのご主人ありがとうございました)

水も補給して準備万端。休憩も十分取ったつもりです。

次の休憩ポイントまで8kmくらいとのこと。特に問題はありません。

さあて、と、また走り始めました。

いろんな方と楽しくお話をしながら、です。

そして、3kmぐらい過ぎたころでしょうか。何かいつもと違う感じ。

苦しい、というか、先に進めないというか。何かが違うのです。

一刻も早く立ち止まりたい、そんな気分です。

そして、自分の腕を見てすこし驚きます。

鳥肌がたっていました、熱いハズなのに。

寒気は無かった、頭も痛くは無かったのですが、これってアレかもと。

そう、飛蚊症でも夜尿症でもないアレです。

あーヤバい、ヤバい、まずい、どうしよう。

そう思いながらも走りますが、体はドンドンしんどくなっていきます。

変に頑張って倒れたら、それこそ全員に迷惑をかけてしまいますので、意を決して休ませてくれとお願いすることにしました。

皆さんとても心配していだいて有り難かった。

特に冷たい水を飲ませてくれ、頭や首筋にもかけてくれたうーぱぱさん、スポドリを提供してくれたproceed2600さん、塩飴を提供してくれたマルコさん、本当にどうもありがとうございました。

まあ、そんなこんなで10分以上休んでいたでしょうか。おかげさまで体調も少しは良くなった感じ。

次の休憩ポイントまでなんとか走り出すことに。それでもヒィヒィしながらでした。

休憩ポイントでは水を大量に浴び、冷たいモノ(ガリガリ君)も摂取。何とか一息ついて考える。

「あのプチ熱中症(みたいなもの)の原因って何?」

ただ熱さに弱い、もしくは基本的に熱中症ではなく走力が無い…等々あるとは思いますが、その時点で僕の中の工藤真一は一つの答えを勝手に導きだしていました。

「今日着ているウェアが怪しい」

天気予報が曇りとはいえ季節は夏。汗を大量にかくことは想像がつきます。

そこで今回はインナーとしてskinsのコンプレッションウェアを着て、その上にteam75Tシャツを着ることにしました。

冬にこの組み合わせで走った時に汗を程よくコンプレッションウェアが吸収してくれて快適だったからです。

でもよーく考えると、冬、冬なんだよな、あれを着たのは。

やはり夏では状況が全く違うのでしょう。熱をこもらせる原因になった可能性は否めません。

そこでコンプレッションウェアは脱ぎ、通常のランニングTシャツに着替え、また走ることにしたのでした。

すると、何ということでしょう!

元々コンプレッションウェアが持つ窮屈さからも解放され、何となくいつもの状態になったような気に!

「おおっ、これじゃ、これじゃ。悪しきはコンプレッションウェアなり!」

と心の中で小躍りしたのもつかの間、やっぱり簡単には回復しません。

さっきほどの苦しさ、鳥肌などの異常現象は無かったため、必死扱いていましたが、ダメージは残っていたようで、残り3kmの苦しいこと、苦しいこと。

半分ゾンビ状態で、なんとか三郷についたのでした。

三郷では30分くらいの休憩時間があったので、続けるか少し迷いましたが、もう一回あの状態になったらそれこそシャレにならない(企画ブチ壊し)ので、潔く離脱することにしました。

みなさんを三郷で見送り、家路に着きましたが、特に具合が悪くはならなかったです。ただこの日1日は異常に喉が乾きまくっていましたが。

こんな感じで終了した僕のえどリバーでしたが、今後の課題も見つけることができましたし、そして参加された皆さんとお話もできましたので、結果に悔いはありません(ホントか?)

何はともあれ、参加された皆さん、お疲れ様でした。

また、どこかでお会い出来る日を楽しみにしています!


↓応援の意で押していただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。